なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!

くらやみのなかのゆめ」 レイラさんの声

くらやみのなかのゆめ 作:クリス ハドフィールド
絵:ザ・ファン・ブラザーズ
訳:さくま ゆみこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,480+税
発行日:2017年02月15日
ISBN:9784097266792
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,912
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 本物の宇宙飛行士が月面に

    『THE DARKEST DARK』が原題。
    そう、つまり、暗闇が主題なのですね。
    カナダの宇宙飛行士による、実話のようですね。
    クリスは宇宙飛行士にあこがれる男の子ですが、
    エイリアン(!)の空想が過ぎて、夜の暗闇が怖くて眠れないほど。
    ところが、その恐怖が一転します。
    1969年、月面着陸のテレビ中継です。
    それが、宇宙飛行士の道を決定づけるのですね。
    良質の伝記としても読むことができます。
    小学校高学年くらいから、共感できると思います。
    宇宙の描写がとても美しいので、天体の勉強としても、いいですね。

    投稿日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くらやみのなかのゆめ」のみんなの声を見る

「くらやみのなかのゆめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット