虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

生きる」 てんぐざるさんの声

生きる 詩:谷川 俊太郎
絵:岡本 よしろう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年03月05日
ISBN:9784834083262
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,019
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 1つの家族の日常の情景

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    とても素敵な詩の絵本でした。
    谷川俊太郎さんの詩を絵本にしたものです。
    谷川さんのあとがきを読むと、この詩を書いたのはだいぶ前のことだったそうです。(昭和の香りはしますが、古さは感じません)
    谷川さんが書いたあとがきも素晴らしいので、この作品を手にした時はぜひ、あとがきまでしっかりと読んでいただきたいなぁと、思います。
    絵を担当された岡本よしろうさんは、一つの家族の「ある日」を追うようにして描かれていました。
    それが谷川さんの「詩」の風景にとても合っていて、読みやすかったです。

    幼稚園の年長さんくらいの男の子と、3つ上くらいの女の子、おとうさんとおかあさん、それにおじいちゃんの5人家族の日常です。

    ≪生きているということ
     いま生きているということ≫
    という言葉に合わせて描かれているのは、リビングに置かれた一枚の写真。
    それは、下の男の子が生まれたばかりの、お宮参りに行っている写真でした。写っているのは赤ん坊の男の子、小さいお姉ちゃん、お父さんお母さんと、おじいちゃん“おばあちゃん”です。
    「いま」この家族におばあちゃんはいません。

    子どもたちの洋服や遊び道具、町の商店街など、昭和のにおいのする風景でした。
    なんと、町を歩いている人がひとりも携帯をいじっていいない!
    (最近はどこに出かけても大人も子どもも携帯をいじってますよね〜)
    子ども部屋に置かれた小さな扇風機も、商店街の壁にかかっている「氷」の店頭幕(でいいのかな?)も昭和っぽいです。
    ただ一つ、とても平成のモノっぽかったのが、薄型テレビ!リビングのほかのものはどれも昭和っぽかったのに、なぜ、テレビは薄型だったのでしょうか。

    1ページ1ページじっくり見せながら小学校4年生以上の子どもたちに読んでみたいな〜と思いました。

    掲載日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「生きる」のみんなの声を見る

「生きる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット