オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

猫魔ヶ岳の妖怪」 押し寿司さんの声

猫魔ヶ岳の妖怪 再話:八百板 洋子
絵:斎藤 隆夫
出版社:福音館書店
本体価格:\2,000+税
発行日:2017年03月10日
ISBN:9784834083279
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,248
みんなの声 総数 5
「猫魔ヶ岳の妖怪」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 福島の伝説4話

    福島の伝説4話です。

      「猫魔ヶ岳の妖怪」
             会津地方の伝説

         妖怪退治で、出あった1匹のこねこを鉄砲撃ちの若者が
      可愛がり、そのこねここそ、鉄砲で撃った妖怪であったことが
      が、わかりました。「いかないでくろ。いかないでくろ」と、足元
      にすがったこねこの声が若い猟師の胸に残っている人間と
      自然が共存する難しさが描かれていました。


       「天にのぼった若者」
               伊達市山舟生の伝説

           雨がざんざんふった日に、ふっとあらわれた子供を
       可愛がって育てたら、その子が雷神さまだったので、天に
       帰ったのだが、桑畑には、雷が落ちなくなったお話です。


       「大杉とむすめ」
                福島市笹木野の伝説

         大杉の精と娘の純愛物語です。切ない恋物語は、お互い
       を愛し合っていました。


       「おいなりさまの田んぼ」
                福島市松川の伝説
        
      ぜんじいが、怪我をしたこぎつねとばあさまの3人で仲良く
      暮らしていると、きつねの頭が「おいなりさまのひとりっこ」だ
      から、雪が降る前に山のほこらにかえらなければならないと
      つれかえってしまいました。お礼に、おいなりさまからの稲束
      を手渡されました。不思議なことに、ぜんじいさんの田んぼの
      稲は、日照りの年も、寒い夏でも、すくすく育ったお話でした。

    絵も田舎の風景に郷愁がいっぱい感じられる素敵な絵でした!

    投稿日:2019/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「猫魔ヶ岳の妖怪」のみんなの声を見る

「猫魔ヶ岳の妖怪」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット