宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きんぎょとしょうぶ!」 ぴょーん爺さんの声

きんぎょとしょうぶ! 文:うどんあこ
絵:たごもり のりこ
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年05月30日
ISBN:9784580823181
評価スコア 3.5
評価ランキング 36,958
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 根性あるなあと感心しました

    「きんぎょとしょうぶ」と看板に掲げた水槽には、1匹の金魚だけある不思議な金魚すくいのお店です。金魚はなかなか鍛えられているし、負けん気のある金魚でした。どちらも絶対に負けないと頑張っていてなかなか勝負がつきません。金魚がジャンプして地面に落ちるところを両手で受けて水槽に戻しても、なかなか負けん気の金魚は、折角戻してもらっても金魚が水から飛び出し、地面でジャンプして、水槽に戻ったので、なかなか根性にある金魚に笑えました。また、金魚から勝負したいと申し出があり、今度はあっさり金魚は負けたのですが、袋を破って飛んで行ってお店の水槽に戻った金魚に唖然としました。金魚すくいの店主が、何者なのか疑問が残りました(笑)

    投稿日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きんぎょとしょうぶ!」のみんなの声を見る

「きんぎょとしょうぶ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット