宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おこらせるくん」 えのきさんの声

おこらせるくん 作:のぶみ
出版社:KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年07月13日
ISBN:9784041058008
評価スコア 3.23
評価ランキング 42,714
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • だれのための絵本?

    ストーリーとしての完成度がとても低く、読後モヤモヤだけが残ります。
    お母さんは子どもの行動や言葉に向かい合わず、自分の都合で子どもの行動一つ一つに腹をたてています。
    その割に、子どもがお弁当を忘れたりパンツをはき忘れたりそでを切ったりに気づかないのは不自然です。
    怒り方もお笑い芸人のようで、子どもに使う言葉として不適切です。

    また、「親を怒らせるために生きている」というのも共感できません。
    子どもが親に怒られるのは、多くの場合好奇心や楽しさの結果にすぎません。
    おこらせるくんも普通の元気な幼稚園生という感じで、シャツをすてきにしたいとか、おもちゃが楽しいとか、彼なりの理由があってのことばかりです。
    ユーモラスな日常を見るだけなら楽しい絵本なのですが、そこから急にお母さんが泣いてわめき、唐突にお涙ちょうだい場面になりびっくりしました。

    そして、お母さんのいう「あなたのために」っていうのは、虐待につながる思考です。
    子どもに伝えるべき言葉ではありませんし、これを聞いて子どもが泣いて感動するとも思えません。

    読み返しながら、この話の主役はだれなのかなあ、と考えました。お母さんでもないし、おこらせるくんでもないですね。

    なんとなく、作者の方がこういう風にお母さんに言われたかった、という作者さん主役のストーリーなのかな、と感じました。

    投稿日:2018/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おこらせるくん」のみんなの声を見る

「おこらせるくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット