まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

寿命図鑑」 渡辺諦さんの声

寿命図鑑 絵:やまぐち かおり
出版社:いろは出版
本体価格:\2,700+税
発行日:2016年08月
ISBN:9784866070100
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,573
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 切ない寿命、壮大な寿命

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    あらゆる寿命をイラストで紹介した図鑑。動物、植物、機械、建物、人類、天体…など、最後には出演者全員を、寿命の短い順にならべた豪華な場面もあり、非常に哲学的な絵本。いろいろなものの寿命を眺めていると、自分の人生をどういきようか改めて考えてみたりもする。
    個人的には、食肉になる牛や豚の寿命が一番心に残った。本来ならもっと長生きできる命だが、肉として出荷されるのは数か月(豚)、2年(牛)。人間なら小学生〜中学生くらいの子どもの頃に、食肉としてと殺されるようなものだろうか。「食べられる命」と言って泣いている豚のイラストが、悲しい。生き物は、何かを殺して命を取って生きている。この事実が重い。
    物の命については、家電製品や靴などの寿命が意外と短くて驚いた!うちでは「使用不能」になるまで原則使っているので、ぐっと長い。革靴などは靴底のビニールを張り替えて、10年くらいにはなるだろうか?この本によると、数か月とあるが、個人差があるのだろうか。物は大事に使えば結構持つのだよ。
    寿命を長くできるかどうか、自分の寿命はどのくらいなのか、あれこれ考えて、なんども見返したい哲学の絵本だ。

    読みごたえがあるので、大人にもおススメしたい。

    投稿日:2019/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「寿命図鑑」のみんなの声を見る

「寿命図鑑」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / さるのせんせいとへびのかんごふさん / ドングリ・ドングラ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット