宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ルルとララのおかしやさん(23) ルルとララのハロウィン」 花ズッキーニさんの声

ルルとララのおかしやさん(23) ルルとララのハロウィン 作:あんびる やすこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2017年09月13日
ISBN:9784265074075
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,406
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 今回ルルとララのお店を訪れたのは、まさかのおばけ!しかもおばけを怖がっている森の動物たちと仲良くなりたくて、パーティーのケーキをルルとララに依頼してきました。おばけはとてもいい子だったのに、怖がる森の動物たちにパーティーを断られるシーンは切なかったです。かわいそうなおばけのために、一肌脱ぐルルとララ。二人の活躍は毎度応援したくなります。ハロウィンパーティーを通して、無事に仲良くなったおばけと動物たちの姿にほっとしました。見た目で判断していけないと改めて自分も教えられた気持ちです。今回登場したお菓子のロリポップも作ってみたくなるくらい可愛かったです。

    投稿日:2019/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ルルとララのおかしやさん(23) ルルとララのハロウィン」のみんなの声を見る

「ルルとララのおかしやさん(23) ルルとララのハロウィン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

あしたのてんきは はれ? くもり? あめ? / くだものさん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット