新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね」 にぎりすしさんの声

1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね 文:中井 俊已
絵:おむら まりこ
出版社:ドン・ボスコ社
税込価格:\1,100
発行日:2017年09月01日
ISBN:9784886266224
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,086
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 1945年 8月9日 長崎に原爆が落とされました
    たくさんの人が一瞬にしてなくなりました
    長崎の浦上天主堂のアンジェラスのかねは、人々の平和を祈ってくれていました
    それが 戦争で 原爆が広島長崎に投下され 多くの人の尊い命が家族の幸せが こわされたのです

    かやのちゃんのお母さんは原爆でなくなりました
    お父さんは医者でした 怪我しましたが かやのちゃんたちの元に返ってきてくれました

    お父さんたちは アンジェラスのかねをがれきの下から見つけて クリスマスイブの日に鐘の音をひびかせたのです

    その鐘の響きは  平和の大切さを 後生に伝えてくれています

    両親をなくした かやのちゃんは 平和の鐘に励まされて 今も生きているのです
    本当に 二度と起こしてはならない 戦争は!
    お話に涙しながら  私達は みんなが平和でありますようにと 祈り続けたいです!
    おむらまりこさんの優しい絵がステキです
    皆さんに是非読んでほしいです

    投稿日:2017/12/15

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね」のみんなの声を見る

「1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット