宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

くませんせいが ねているうちに」 ymotkmさんの声

くませんせいが ねているうちに 文:すとう あさえ
絵:たかくわ こうじ
出版社:ハッピーオウル社
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年10月
ISBN:9784902528596
評価スコア 4.8
評価ランキング 336
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • クリスマスとは……

    保育園の先生であるくませんせいは、クリスマスを知りません。
    なぜなら、冬の間は寝ているからです。
    そんなくませんせいといっしょにクリスマスのお祝いをしたいと、子どもたちは準備をします。

    ページをめくっていくうちに、クリスマスとはどういうものなのかが分かるようになっています。
    クリスマスの最重要人物であるサンタクロースもちゃっかり登場していて、無理なく自然にクリスマスのことが分かるようになっています。

    投稿日:2019/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くませんせいが ねているうちに」のみんなの声を見る

「くませんせいが ねているうちに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / キャベツくん / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 2
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット