宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おーい でてこーい/鏡のなかの犬」 しいら☆さんの声

おーい でてこーい/鏡のなかの犬 作:星 新一
絵:中島 梨絵
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年11月
ISBN:9784895881395
評価スコア 4.14
評価ランキング 20,366
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • SF作品の入り口に

    「ショートショートの神様」とも呼ばれ
    小松左京、筒井康隆と並んで
    日本SFの御三家の星新一氏

    中学校の時に友達が
    「おもしろいよ」って薦めてくれたのが
    「ボッコちゃん」でした

    小説とかもゆっくり読めない時で
    ちょうどよかった(笑
    こともあり
    SFという分野をちょっと覗いてみれたというか

    SFって「 サイエンス・フィクション」
    「科学小説」ってことなんですよね
    近未来についてとか
    中学生時代って、まだ未知なことが多くって(笑
    もしかしたら・・・本当にこんなことが起こるかも!?
    とか
    真面目に考えたりしますよね
    そうでなくても
    私の小学生時代は、TVでも
    超能力だの、UFOとか 
    少年ドラマシリーズ
    「時をかける少女」とか とにかく全盛でしたからね

    それと、社会風刺的な感覚も

    ということで
    星新一氏の作品はすんなり楽しめたのを
    思い出します
    それがまさか、絵本になるとは、考えたこともありませんでした!
    絵は、自然な雰囲気で
    内容を邪魔することなく
    本文に集中出来ました

    そうそう学生の時に
    仙台に来て
    市バスにランドセル背負った小学生が
    文庫本を読んでいて
    ちら見したら、なんと「ボッコちゃん」!!
    そっか・・・私は中学生で出逢ったけど
    仙台の小学生は既に読んでいるのね
    と、感心したことも覚えています

    「おーい でてこい」は
    その「ボッコちゃん」の中にあった作品の中でも
    印象的な作品でした
    「穴」という概念は底があると思っていますものね

    「鏡の中の犬」は
    人間の業?
    小さい子どもでも
    なんとなく チクリと針のように刺さる感覚が
    わかるように思います

    さて、対象は???

    投稿日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おーい でてこーい/鏡のなかの犬」のみんなの声を見る

「おーい でてこーい/鏡のなかの犬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / うずらちゃんのかくれんぼ / キャベツくん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット