もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

グレッグのダメ日記 にげだしたいよ」 渡辺諦さんの声

グレッグのダメ日記 にげだしたいよ 作:ジェフ・キニー
訳:中井 はるの
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年11月
ISBN:9784591156223
評価スコア 4
評価ランキング 26,873
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 南の島なんか、最悪だ。

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【内容】
    グレッグのダメ日記、第12弾。
    クリスマスに南の島へ家族旅行に行くグレッグ一家。うちでいつも通りのクリスマスを過ごしたい次男のグレッグは、いやいや両親の決定に従い、大嫌いな飛行機に乗り込むが…
    毎ページ、とんでもないトラブルが起きる、愉快な家族の絵日記。

    【感想】
    グレッグ(次男)のダメさ加減が半端じゃない。家族は父、母、長男、次男(グレッグ)、赤ちゃんがいるが、全員曲者。自分のやりたいことを全面的に主張して、それが正しい事だと信じ切ている。家族を持つと、いろんな苦労が発生するな、とよくわかる。皮肉とユーモアがたっぷりで、トラブルばっかりで、ぜんぜんいい事がない。全員がトラブルの原因になっている。
    アメリカの雰囲気が感じられる(両親が場所をはばからずイチャイチャしていたり)。母がクリスマスカードに家族の写真を使いたがり、執念深くいい写真を撮ろうとするのが大迷惑。父親は自分だけ飛行機のファーストクラスに乗っていて、他の家族がエコノミークラスで窮屈な思いをしているのは全く無視。兄は、旅行先であばずれ女に引っかかり、赤ちゃんは存在そのものがトラブル…不思議なくらい、この作品にでてくる赤ちゃんは、よく書かれていない。作者は赤ちゃんに個人的な恨みでもあるのだろうか。しかし、赤ちゃんが周りの人に迷惑をかけてしまうのは仕方ないことだが。容赦なく、家族のダメな部分、情けない部分を描いている。いい作品だと思う。ダメな人しか出てこないところが最高だ。

    この本を読んで、子どもの頃は海外に家族旅行に行く友達がうらやましかった事を思い出した。いやいや、ぜんぜんうらやましくないな。こんなにトラブルばかりなら、どこにも行かない方がましだなあ。

    投稿日:2018/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「グレッグのダメ日記 にげだしたいよ」のみんなの声を見る

「グレッグのダメ日記 にげだしたいよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット