宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ 」 にぎりすしさんの声

スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ 作:菱木 晃子
絵:平澤 朋子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2018年01月01日
ISBN:9784776408369
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,169
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • スウェーデンの先住民族 サーメの人々は 厳しい自然の中で トナカイを遊牧して暮らしています
    民族衣装がすごく色鮮やかで かわいいのです
    チャルミはとってもかわいい女の子 それに賢明なんです

    さて 山の上に住む 怖い巨人は  村人達を襲って 苦しめていたのです
    怖い巨人は チャルメのお父さんに 「おまえの娘を およめによこせ」と言うのです 

    お父さんの悩みを知り チャルメは 巨人のお嫁さんになると「だいじょうぶ  どうしたらいいか  あたしには ちゃんと考えがあります」

    なんと 勇気のある女の子でしょう!

    そして 恐ろしい巨人との 交渉が始まります
    怖くて恐ろしい巨人 でも・・・・ なにかしら 間抜けなところがあるんです(ここが 笑えます)

    どんな風に巨人を 退治したか ハラハラドキドキしながら お話の世界に入っていました(ドラマのようでした)

    チャルメの賢明さと勇気は すごい! 
    それは このお話を読んでのお楽しみです

    絵もとっても きれいで 巨人の怖さが 見事に描かれていて 引き込まれます

    後書きを読むと サーメの人々の暮らしが良く分かります
    厳しい自然とのたたかい トナカイから受ける 恩恵  このようにして サーメの人々は暮らしているのが良く分かりました

    皆さんにお奨めします!

    投稿日:2019/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ 」のみんなの声を見る

「スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット