話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ぬすまれた月」 夏の雨さんの声

ぬすまれた月 著:和田 誠
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,640
発行日:2017年10月31日
ISBN:9784265062102
評価スコア 4
評価ランキング 29,448
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 2019年10月に亡くなったイラストレーターの和田誠さんのたくさんの仕事の一つに
     「絵本」があります。
     絵本での大切なこととして、
     「まず絵がいいこと。上手じゃなくてもいいから、魅力的な絵。
     面白い流れがあること。物語であっても、感覚的なものであっても、
     あとは展開させるデザイン」と話しています。
     『ぬすまれた月』は、そんな和田さんが初めて手がけた自作絵本です。
     1963年のこと。

     その時のことを和田さんは後年こう語っています。
     「画家がお話も作るというのが条件でした。ぼくはまだ駆け出しのイラストレーター。
     作と絵の両方をやるのは初めてで自信もなく(中略)ドキドキしながら参加した」と。
     本人はそう言いますが、そんなことはありません。
     この絵本はとてもうまく出来ていて、
     和田さんの言葉を借りるなら「展開させるデザイン」がずば抜けています。

     柱になるのが、空から月をとってきたお話。
     そんな大事な月がある時盗まれて、さまざまな人の手にわたります。
     ご存じのように月は時々で姿かたちを変えるので、
     そのあたりが物語を面白くさせています。
     こんな物語の前後に、月のかたちであったり変化がどのように起こるのかを
     巧みなイラストで説明していきます。
     そのバランスがとてもいい。

     最初の刊行以来、何度かリニューアルされながら読み継がれているのも、
     絵本としても魅力があるからです。
     そう考えると、和田さんにとって「絵本」はとっても大切な仕事だったに違いありません。

    投稿日:2024/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぬすまれた月」のみんなの声を見る

「ぬすまれた月」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット