新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

旅立ちの日」 まゆみんみんさんの声

旅立ちの日 編集:日本児童文学者協会
装丁・デザイン:牧野 千穂
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2018年03月02日
ISBN:9784035397205
評価スコア 4
評価ランキング 28,333
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 誰もが感じる。

    1冊に3話の物語が書かれた本です。
    「旅立ちの日に」という題名。
    人生にはそれぞれ岐路というものがいくつもあって、誰もが何かからの旅立ちを経験するものです。
    これらの物語から、共感できることも多いのではないでしょうか。
    小学校高学年〜中学生くらいの読書にぴったりに思いました。

    投稿日:2020/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「旅立ちの日」のみんなの声を見る

「旅立ちの日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット