まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしを わすれないで」 hime59153さんの声

わたしを わすれないで 著:ナンシー・ヴァン・ラーン
イラスト:ステファニー・グラエギン
翻訳:角野 栄子
出版社:マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年03月09日
ISBN:9784896377026
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,704
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く
  • 切なくなります

    認知症を患った祖母。
    少しずつ症状が進行していく様子を描きながら、家族が何とか手助けしようと努力する様子も描かれています。

    ただ、一人で暮らしている祖母をそのまま一人で生活させているのが心苦しい。
    そして表現が全体的にお上品なところは、子供向けの絵本とはいえ、ちょっと描き足りないのかなと思えた点です。

    日本の作家さんが描く認知症がしっくりくるのは、やはり日本の実情に合っているからなのかもしれませんが、もう少し訴えかけるものが強くあっても良いのかなと思いました。

    投稿日:2019/02/14

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしを わすれないで」のみんなの声を見る

「わたしを わすれないで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ほげちゃん / オレ、カエルやめるや / はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット