宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

マルラゲットとオオカミ」 クッチーナママさんの声

マルラゲットとオオカミ 文:マリー・コルモン
絵:ゲルダ・ミューラー
訳:ふしみ みさを
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年02月28日
ISBN:9784198645724
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,353
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 私らしさと周りとの間で

    初版は1952年の作品と聞いて驚きました。
    まったく古さは感じず、むしろ新鮮な内容でした。
    小さな女の子に助けられたオオカミが、改心して言いつけを守ろうとします。いい子になったオオカミ。これで一件落着と思ったら違ったのです。
    自分らしさを失ったオオカミは、みるみる痩せていき、、、
    私らしさと周りとの間で折り合いをつけるのって、なかなか難しいことだと思います。
    そんなことを考えさせてくれる、奥深い絵本でした。

    投稿日:2019/01/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マルラゲットとオオカミ」のみんなの声を見る

「マルラゲットとオオカミ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / くだもの / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット