もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

かべのむこうになにがある?」 ヒラP21さんの声

かべのむこうになにがある? 作:ブリッタ・テッケントラップ
訳:風木 一人
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2018年03月10日
ISBN:9784776408161
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,266
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分の壁を越える時

    ベルリン在住の作者が描いただけに、この作品から「ベルリンの壁」を思い起こしました。
    ベルリンを分断する壁は、人々を実際に閉塞した思想と政治の壁でした。
    壁を越えることは、命をかけることでした。
    でも、この作品には、具体的な壁というよりも心の中に作ってしまった自分自身の限界の壁という要因が強いようです。
    壁の中にいることは安心で平穏かもしれないけれど自分の可能性の放棄でもあるのです。
    壁を越えることで見えてくるものがあること、壁を越える勇気が自分を変えること、抽象的でありながら、自分の人生を考える哲学的な世界にまで、昇華させた作品です。

    投稿日:2019/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かべのむこうになにがある?」のみんなの声を見る

「かべのむこうになにがある?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット