話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

わたしはヴァネッサと歩く」 陽菜マリさんの声

わたしはヴァネッサと歩く 作・絵:ケラスコエット
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年02月
ISBN:9784265851195
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,574
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 踏み出す勇気

    • 陽菜マリさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子9歳、女の子6歳、女の子1歳

    4年生になる娘と読みました。
    この絵本には文がなくて絵のみの絵本でした。
    私はこの本から何かを感じ取ってほしいと娘に見せました。
    大人でもみんなから敬遠されている人に声をかけるのはなかなか勇気がいることだと思います。声をかけたいけど周りの目が気になって見てみぬふりをしてしまうとかみなさん経験してるんじゃないかと思います。
    そんな時絵本の主人公の女子は勇気を出し声をかけに行ってあげました。その行動一つでみんなに広まっていきいじめがなくなったようです。
    これを娘が見て自分なりにいじめについて考えてくれたらと思いました。

    投稿日:2018/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしはヴァネッサと歩く」のみんなの声を見る

「わたしはヴァネッサと歩く」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / はじめてのおつかい / そらいろのたね / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット