宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おむつのなか、みせてみせて!」 ねこよんよんさんの声

おむつのなか、みせてみせて! 文・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳:松永 りえ
出版社:パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年08月10日
ISBN:9784756251060
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,288
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く
  • トイトレ中の娘にピッタリ

    もうすぐ2歳の娘にちょうどトイトレを始めたところだったので、どんな反応を見せてくれるかな?と楽しみに読みました。
    まず自分とおなじおむつ姿の動物たちに興味深々。
    めくる仕掛けが大好きなので、ひとつひとつオムツをめくっては違った形のうんちを指さして確かめていました。
    最後のみんな並んでトイレに座っているページをひらくと、「あーっ」と言いながら自分のおまるに駆け寄り、指さし。
    正直、トイトレがあまり進んでいない状態だったので、この絵本も理解できないかなと思っていましたが、ここまで伝わっているのに驚きました。
    この絵本のおかげでトイトレ頑張れそうです。

    投稿日:2019/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おむつのなか、みせてみせて!」のみんなの声を見る

「おむつのなか、みせてみせて!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / ぐりとぐら / こんとあき / 100万回生きたねこ / いつか あなたが おおきくなったら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット