宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

プリンセス・ダイアリー がけっぷちのプリンセス篇」 みちんさんさんの声

プリンセス・ダイアリー がけっぷちのプリンセス篇 著:メグ・キャボット
訳:代田 亜香子
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784309205199
評価スコア 3.5
評価ランキング 37,350
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • マイケルとミアの関係は…?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    前巻の予告やタイトル通りにミアにもそれ以外の人にも試練(?)な展開でハラハラです。
    こういう展開になりそうだなーという伏線はありましたが、本当にいざそうなってしまうとやっぱり…。
    日本に行ってしまうマイケル!?
    マイケルとミアの関係はいったい!?
    ミアはまあ16歳の女の子らしいといえばそうかなーって思いました。

    投稿日:2018/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「プリンセス・ダイアリー がけっぷちのプリンセス篇」のみんなの声を見る

「プリンセス・ダイアリー がけっぷちのプリンセス篇」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット