話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

マレスケの虹」 はなびやさんの声

マレスケの虹 作:森川成美
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年10月31日
ISBN:9784338287180
評価スコア 4
評価ランキング 28,355
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 抗う

    森川成美作品を読むのは初めてのことだ。この作品を読み前に、モーパーゴが児童移民を描いた『希望の海へ』を読んでいた。

    『マレスケの虹』を詠み始めた瞬間、モーパーゴと通じるものがあると思った。

    その通じるもののが何なのかしばらく考えてみて、わかったことがある。それは「抗う」ということ。

    二つの作品に共通しているのは、市井に生きる人たちの戦争、移民、そして時代や環境に押し流されそうになった時の出来得る限りの抗い方だ。

    私たちは、生活の中で生き抜くために、何かしら意に添わないけれど、あきらめなくてはいけないことが出てくる。その時に「しかたがない」と言って何もしないまま従うのと、極限状態であっても何かしら自分を貫く行いをするとでは違うのだ。

    この作品の中の主人公のマレスケの兄・広樹の生き方が印書深かった。戦争時、私がこの家族の中にいたら、きっと私は広樹と同じような選択をしてしまう人間な気がする。

    国籍・人種を考える前に、一人の人間であることをまず思う。本を読んで、自分自身の中にある変えられるもの・変えられないものを考えた。良い作品との出会いに感謝したい。

    投稿日:2020/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マレスケの虹」のみんなの声を見る

「マレスケの虹」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット