100年たったら」 夏の雨さんの声

100年たったら 文:石井 睦美
絵:あべ 弘士
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年11月09日
ISBN:9784752008569
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,624
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く
  • 誰かに手渡したくなる絵本

    絵本の名作には、おばあちゃんが子供の時に読んで、子供が生まれたらその子も読んで、その子が結婚して子供が誕生したらその子も読んでいる、そんな何代へと続く名作があります。
     もしかしたら、この絵本もそんな名作になるのではないか、そんな気がします。
     2018年秋に出た絵本ですから、何代も先の子供たちが読むのはまだまだ先のお話ですが。

     ずっとむかしのお話です。
     広い草原に一匹のライオンが住んでいました。その草原にはこのライオン以外に動物がいなく、ライオンは草や虫を食べていました。
     そんなある日、ライオンは一羽の鳥と出会います。
     久しく肉を食べていないライオンでしたが、鳥を食べることはしませんでした。
     お腹は減っていましたが、それよりも誰かと一緒にいることを選びました。
     でも、いつか別れがやってきます。
     ライオンは弱っていく鳥に「おれは、ただあんたといたいんだよ」とおいおい泣きます。
     鳥は「100年たったら、また会える」とライオンを慰め、死んでしまいます。
     そうして、100年経ちました。
     ライオンは貝に、鳥は波になっていました。
     そのあとの100年、その次の100年、ライオンと鳥はそのたびに姿を変えて、それでもかつてはどこかで会ったことがある記憶だけが残っています。
     何度目かの100年、二人は男の子と女の子になってめぐりあうのです。

     絵本は子供だけのものではありません。
     大人の人でも十分に鑑賞できる作品があります。
     この作品がまさにそう。
     何代へと続く人たちに読んでもらいたい、そんな一冊です。

    投稿日:2020/09/22

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「100年たったら」のみんなの声を見る

「100年たったら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / だるまさんが / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット