新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ

クジラのおなかからプラスチック」 hime59153さんの声

クジラのおなかからプラスチック 著:保坂 直紀
出版社:旬報社
税込価格:\1,540
発行日:2018年12月10日
ISBN:9784845115662
評価スコア 3.67
評価ランキング 42,592
みんなの声 総数 2
「クジラのおなかからプラスチック」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • とても考えさせられる一冊です

    最近話題のクジラやカメの中にプラスチックが沢山たまり、死んでしまうというお話。
    写真絵本でも何冊か読みましたが、こちらの本はその原因が、子供にも分かりやすく、詳しく書かれています。

    レジ袋が川から海へ流れ出て、それが海の生きもの達のおなかに・・・と思っていたのですが、レジ袋などのプラスチックが劣化して細かくなり、マイクロプラスチックとなって、小さな魚の中にも堆積されていく・・・という話には、震撼させられました。
    小さな魚を大きな魚が食べ、それを人間が・・・

    海が汚れることは、人間に返ってくるのだというのは、水質汚染の歴史からも分かることですが、それがまた違った形で起こっているのです。

    ビニール袋やプラスチック製品は便利過ぎて、使わないようにすることはなかなか難しいことですが、使わなくてもいいところは使わずに済ませる、それを一人一人が実践していかなければならないのだと、改めて考えさせられるのでした。

    投稿日:2019/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クジラのおなかからプラスチック」のみんなの声を見る

「クジラのおなかからプラスチック」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット