虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…

サンタクロースっているんでしょうか?」 渡辺諦さんの声

サンタクロースっているんでしょうか? 作:ニューヨーク・サン新聞「社説」
絵:東 逸子
訳:中村 妙子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年12月
ISBN:9784034210109
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,696
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く
  • 1897年9月21日、アメリカの「ニューヨーク・サン新聞」に乗った社説。8歳の少女が出した手紙に、深い洞察力とするどい感性をそなえた新聞記者が、真剣に答えました。

    少女のその後の人生の方向を決めてしまうような、大切な質問を、しっかり受け止めて、真心から返事を書いた新聞記者と、その手紙を取り上げた編集者、少女に「新聞社に問い合わせてごらん」と勧めた父親、当時の新聞を読んだ読者たち…100年以上たって、遠く離れた日本で、文化も言葉も全然違う私にも、この人たちの温かい心が伝わってきました。
    小さな子どもの下らない質問だと、忙しい現実を生きる大人たちは切り捨ててしまったり、答えようがない質問を誤魔化したりせずに向き合ったからこそ、この少女の魂が救われ、また、この絵本を読む多くの人たちにも安らぎや希望が与えられていったのだと思います。

    この本は、単なる絵本ではなく、深い哲学のような気がします。
    このような「大事な質問」に真心でもって答えてくれる大人が、どんどん増えて欲しいと、切に願います。
    サンタクロースさん、もし、大人にプレゼントをくださるのなら、このような素敵な温かい心になれるようにしてください。

    投稿日:2019/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「サンタクロースっているんでしょうか?」のみんなの声を見る

「サンタクロースっているんでしょうか?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おこだでませんように / ぼちぼちいこか / いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット