きらい きらい! きらい きらい!
作・絵: 武田 美穂  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
子どもにとって好ききらいは大問題!どうしよう??武田美穂、最新作!

せむしの小馬」 金のりんごさんの声

せむしの小馬 絵:宇野 亜喜良
訳:舟崎 克彦
原作:エルショーフ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1991年
ISBN:9784579403073
評価スコア 4
評価ランキング 24,401
みんなの声 総数 2
「せむしの小馬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 現金な結末が笑えます

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    ロシアのお話で、図書館の昔話・民話コーナーで見つけました。
    『せむしの小馬』は、私が幼稚園の頃に人形劇で見て、すっかりお気に入りになったお話です。
    人形劇の写真が挿絵になっている本を持っていて、一時期はいつも読んでと持ってくる本だったらしいのですが、今では実家にも現存せず、お話の内容も細かいところは忘れてしまいました。
    もう一度読んでみたいと思っていたので、大喜びで読みました。
    挿絵が宇野亜喜良さんなのですが、今の絵とは随分違っています。
    私が昔読んだものに似ているので、私としては大満足です。
    内容は、よくある三人息子もので、馬鹿にされていた末息子が幸せを掴むというものですが、黄金のたてがみの馬、火の鳥、美しい姫、月の女王、太陽の兄王など、わくわくする登場人物がたくさん出てきます。
    末息子を助けるのが、美しい馬ではなく、せむしで耳の長い一見ブサイクな仔馬だというところもいいのです。末息子と仔馬の温かい絆もしっかりと伝わってきます。
    そして、我が家では、結末が大うけでした。
    なんとも現金なオチになっていて、これでいいのか〜と言いながら笑えます。
    作者は決してうけを狙っているわけではないのですけれどね。

    投稿日:2006/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「せむしの小馬」のみんなの声を見る

「せむしの小馬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット