新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

しずかな魔女」 hime59153さんの声

しずかな魔女 作:市川 朔久子
絵:平澤 朋子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2019年06月11日
ISBN:9784265057931
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,121
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 国語の問題の教材として使用されていたので、読んでみました。

    冒頭、不登校の中学生の図書館通いから始まり、どんな風に話が進んでいくのか本当に読めませんでした。

    ふとしたきっかけで話すようになった図書館のスタッフさんとの少ない会話の中から、表題となる『しずかな魔女』の作中話へと発展していきます。
    その部分は小学生の女の子二人の一夏が描かれており、キラキラ光る明るい女の子と静かだけど心優しい女の子の交流が、とても可愛らしくて楽しそうで、ぐいぐい引き込まれていきました。
    そんなお話の中にも影が差している部分もあり、メリハリがあってとても良かったです。

    だからこそ、冒頭と終盤にある不登校の中学生の、もどかしいほどに悩ましい気持ちが浮かび上がってきているように感じられました。
    そんな中学生の女の子も、『しずかな魔女』に倣って両親へと手紙を書く・・・というくだりには、一筋の光を感じました。
    ただ暗いだけで終わらず、何処かへと続きそうな希望が感じられたラストだったのは、良い読後感になりました。

    投稿日:2021/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しずかな魔女」のみんなの声を見る

「しずかな魔女」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット