話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

岩波少年文庫 しずくの首飾り」 てんぐざるさんの声

岩波少年文庫 しずくの首飾り 著:ジョーン・エイキン
訳:猪熊 葉子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:2019年06月15日
ISBN:9784001142488
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,481
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 1975年に日本で初版が出ている作品の文庫版です。
    タイトルは知っていましたが、読んだのは初めてです。
    「しずくの首飾り」ほか、
    「足ふきの上にすわったネコ」
    「空のかけらをいれてやいたパイ」
    「ジャネットはだれとあそんだか」
    「三人の旅人たち」
    「パン屋のネコ」
    「たまごからかえった家」
    「魔法のかけぶとん」
    が入っています。
    「しずくの首飾り」もとても印象的で面白かったですが、
    好みとしては、「三人の旅人たち」……大きな砂漠の真ん中にある駅を守っている3人の駅員たちが、休暇を取ってそれぞれ別々のところへ旅に出た話と、
    「たまごからかえった家」……世界を旅している4人のウィービルズが、ニワトリの足のような家に住んでいるおばあさんからある難題をこなすと……って、話がダントツで面白かったです。(このおばあさんは、ヨーロッパの昔話によく登場するババヤガーまたはバーバ・ヤガーがモデルでしょうね)

    どのお話も昔話によくあるような繰り返しが使われているので、読み手は物語の世界に入りやすいです。
    それから、例えば「北風」が具象化されて人間になっていたり、「空のかけら」が入ったパイが空を飛び始めたりする奇想天外な設定が、「そんなのもありか」と思わせてくれる描写なので、とても楽しく読めました。
    岩波少年文庫のお薦めの学年は3,4年生以上となっています。一つ一つのお話はとても短いので、機会があったらブックトークなどで紹介していきたいと思っています。

    投稿日:2019/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 しずくの首飾り」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 しずくの首飾り」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット