アニマルバスとパンやさん アニマルバスとパンやさん アニマルバスとパンやさんの試し読みができます!
文: あさのますみ 絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが見つけた、すてきなパンやさん。お客さんをあつめるために、バスたちが立てた計画とは…!?

新版 トーベ・ヤンソンのムーミン絵本 それからどうなるの?」 渡辺諦さんの声

新版 トーベ・ヤンソンのムーミン絵本 それからどうなるの? 作:トーベ・ヤンソン
訳:渡部翠
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2019年06月30日
ISBN:9784065149126
評価スコア 4
評価ランキング 27,731
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 朝の5時、ミルクの缶を持ってムーミンは、ママの待つ家に帰ろうとする。道中、いろいろな人に出会い、とんでもない出来事があり…
    自分で絵本を切り取って、通り道を作りながら進む。
    (私が読んだものは、図書館の本で、既に切り取ってあり、透明のフィルムを貼りつけ補強されていました)

    それからどうなるか、さっぱりわからない。予想できない不思議な旅が続き、びっくりする。作者の遊び心や発想の豊かさ、絵のお洒落な色使い、独特の世界観が楽しい。どこに連れていかれるかわからないスリルのある展開で、妙な登場人物がいろいろ出てきて、あれこれ想像して楽しむ余地がある。どう見ても性格が悪そうな人が堂々と自己主張する様子が、面白くて、なんだか悲しいようで(友達いなそう&生きるの大変そう)、おとぎの国とは言え、いろんな苦労があるのだなあ…と余計なお世話で、あれこれ心配にもなる。

    冒険する過程を楽しめる異次元絵本。工作もできるようなので、プレゼントにもいいかもしれない。

    投稿日:2019/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「新版 トーベ・ヤンソンのムーミン絵本 それからどうなるの?」のみんなの声を見る

「新版 トーベ・ヤンソンのムーミン絵本 それからどうなるの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット