宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みんなありがとう」 ピンクちゃんさんの声

みんなありがとう 作:サトシン
絵:北村 裕花
出版社:神宮館
本体価格:\1,300+税
発行日:2019年07月
ISBN:9784860765866
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,695
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く
  • 読むと気持ちがいい絵本! 受賞レビュー

    ありがとう、って言えるって素敵だなって思いました。相手が誰だろうと、相手が例え本当に動物だろうと、虫だろうと、人だろうと、きちんとお礼が言えるって素晴らしいと思いました。読み終えるととっても気持ちが良いなって思いました。

    このシリーズは1冊はお母さんといっしょに、そしてこっちの絵本はお父さんといっしょに歩く男の子が描かれていて、セットで読んであげると良いと思いました。

    本当にこんな動物たちに出会えたら、どんなに楽しいだろう、そう思いました。うちの子は2歳ですが、動物たちが登場するたびに、「ママ、ぴょんぴょん!」とか、「ママ、くまさん」とか言いながら、徐々に「ありがとう!」って私が読むたびに子供も声に出して言っていました。2歳の子にもちゃんと「ありがとう」って言うことを覚えてもらえる素敵な1冊だなって思いました。

    終わりのページに子どもといっしょに楽しめる動物当てできるページが有って、ちょっと盛り上がれる部分もあって楽しく読めました。ちょっとしたプレゼントにはもちろん、このシリーズ2冊を揃えてプレゼントしてもきっと喜んでもらえると思います。

    投稿日:2019/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みんなありがとう」のみんなの声を見る

「みんなありがとう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / このままじゃ学校にいけません / ゾウのともだち フンパーディンク  / だめよ、デイビッド! / おじいちゃんがおばけになったわけ / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット