話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

だいこんどのむかし」 ジョージ大好きさんの声

だいこんどのむかし 作:渡辺節子
絵:二俣 英五郎
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1992年
ISBN:9784593562015
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,856
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く
  • 人の気持ちがよく分かる

    だいこんど、の昔話という意味だと思ってましたが、

    だいこん殿、つまり大根のお話でした。

    ぱっと見、大きなかぶに似たような絵ですが

    全然違います。

    一本だけ大きく育った大根を

    大事に育てるお話です。

    なぜか作物が全然育たない中、

    大根一本だけがどんどん大きくなり、

    その一本のために

    肥料をせっせと運ぶ日々が続きました。

    この大根は村を守ってくれていましたが、

    みんな肥料をやるのがだんだん面倒になり、

    無駄だと感じるようになり、

    もうどっか行ってくれと追い出しました。

    それからの村と言ったら天候に恵まれず

    みんな苦労しました。

    だいこんどの、帰ってきてくれー。

    帰ってくるわけないか、、、

    投稿日:2020/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だいこんどのむかし」のみんなの声を見る

「だいこんどのむかし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット