新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

とんでいった ふうせんは」 miki222さんの声

とんでいった ふうせんは 作:ジェシー・オリベロス
絵:ダナ・ウルエコッテ
訳:落合 恵子
出版社:絵本塾出版
税込価格:\1,650
発行日:2019年09月24日
ISBN:9784864841528
評価スコア 4.77
評価ランキング 634
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く
  • 涙が出ました

    歳を重ねるごとに増えていく思い出の風船。特に、おじいちゃんの思い出話はどれもキラキラしていて、なんて素敵なお話なんだろう、歳を取るって案外悪くないなぁと、ほんわかした気持ちで読んでいました。
    でも、そんなおじいちゃんが風船を一つ一つ手放し始めた時、この本はもっと深い所まで描くのだと悟りハッとしました。
    あんなに輝いていた大切な思い出が、指からすり抜けていき、本人はそれにまるで気づいていない。
    周りの家族は、なす術もなくそれを眺める事しか出来ない。
    私自身はまだその思いを体験した事はありませんが、少年が抱える悲しみや、腹立たしさが痛いほど伝わってきました。
    でも、負の感情だけでは終わらないのが、この本の素晴らしいところ。
    読み終えた後には、やっぱり温かい気持ちで本を閉じる事が出来ます。
    いつか、その日がやってきたら。もう一度この本を開いてみたいです。

    投稿日:2020/08/04

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とんでいった ふうせんは」のみんなの声を見る

「とんでいった ふうせんは」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

虫ガール ほんとうにあったおはなし / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / そらまめくんのベッド / 100万回生きたねこ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット