日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

はぐれくん、おおきなマルにであう」 夏の雨さんの声

はぐれくん、おおきなマルにであう 著:シェル・シルヴァスタイン
訳:村上 春樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年11月
ISBN:9784751529577
評価スコア 3.67
評価ランキング 37,896
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • シェル・シルヴァスタインの作品で村上春樹さんが翻訳といえば『おおきな木』が有名です。
     またシェル・シルヴァスタインの作品で有名といえば、倉橋由美子さんが翻訳して日本でもベストセラーになった『ぼくを探しに』が知られていて、倉橋さんはその続編の『ビッグ・オーとの出会い』も翻訳しています。
     今回村上春樹さんが翻訳したのは続編の方で、原題は「The missing piece meets the Big O」です。
     原題からすれば、村上春樹さんの方が直訳に近い。
     ただ「「The missing piece」の訳について説明が必要かもしれません。
     この絵本の最後に村上春樹さんによる「訳者あとがき」(これがとってもわかりやすく、この絵本を読むにあたってはまずここから読むのもアリかな)にこうあります。
     「missing pieceというのは「あるべきなのに欠けている部分」ということ」で、この絵本では「くさびのような形」をしていて、倉橋由美子さんは「かけら」、村上春樹さんは「はぐれくん」と訳していて、村上春樹さんは「はぐれくんの方がなんとなくこのお話には合っている気がした」と記しています。
     おそらく村上春樹さんは「missing」に重点を置いたのでしょう。

     物語は、「はぐれくん」が自分と一緒になるべき相手を探す姿を描いています。
     最後に出会うのが「Big O」で、村上春樹さんはシェル・シルヴァスタインの絵のままに「おおきなマル」と訳しています。
     「おおきなマル」に自分が変わることも必要と教えられる「はぐれくん」。
     やがて、彼は「missing」でなくなっていきます。

     線だけの単調な絵ですが、その中身はかなり深い。
     そんな絵本です。

    投稿日:2019/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はぐれくん、おおきなマルにであう」のみんなの声を見る

「はぐれくん、おおきなマルにであう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット