もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵」 hime59153さんの声

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵 作:石崎 洋司 北村 裕花
監修:神田 松之丞
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年11月28日
ISBN:9784065172162
評価スコア 4
評価ランキング 27,928
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 面白かった!

    大岡裁きというと公平で、情に厚く・・・という印象がありますが、このお話は大岡越前守の知恵の素晴らしさもプラスして感じられます。

    弥五郎が荷物を盗まれた時には、どうなることかと思いましたが、その後の展開が秀逸!
    大岡越前守の様子を真面目にやればやるほど大うけすること間違いなしです。

    そしてラストはやはり、情の厚さを感じるお裁き。
    長い間、多くの人から愛され、語り継がれるだけのことはあるなと思いました。

    投稿日:2020/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵」のみんなの声を見る

「講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット