話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

リサとガスパール にほんへいく」 うららさんの声

リサとガスパール にほんへいく 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2007年03月
ISBN:9784893094094
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,585
みんなの声 総数 44
「リサとガスパール にほんへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ようこそ日本へ!

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    「リサとガスパールにほんへいく」が出ると聞いて1年。
    日本語版をいまかいまかと待っていました!

    リサの家族とガスパールが飛行機にのって本当に日本にやってきた!
    すごい。
    私の中では、大物ミュージシャン来日、ハリウッド俳優来日よりもオオゴトです。

    しかし、子供たちはクール。
    絵本のストーリーとしてとらえているようです(ある意味当たり前ですが)

    ふくしまさんという、安易な名前の日本人が登場します。

    リサトガスパールのせいで、ふくしまさんは散々な目にあいますが 彼らのキュートさにやられてしまい、常に優しいのはさすが。

    いたずら盛りになってきた我が家の娘達(5歳と3歳)
    初めてリサガスを読んだ時はブラックなおもしろさがわからず[?]顔でしたがいまじゃ読んであげると大爆笑です。

    一緒に笑える日が来て、ママ嬉しいよ。

    投稿日:2007/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「リサとガスパール にほんへいく」のみんなの声を見る

「リサとガスパール にほんへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

全ページためしよみ
年齢別絵本セット