しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

カラスとよる」 てんぐざるさんの声

カラスとよる 作:ニコール・ヴェルヘル・デ・ディオス
絵:太田 大八
訳:ぬくみちほ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,170+税
発行日:1997
ISBN:9784577017067
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,825
みんなの声 総数 4
「カラスとよる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 太田大八さんの孫娘さん!?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    昔話のようなはじまり方で書かれていますが、北アメリカの先住民族の資料を基にした創作の物語らしいです。
    この作品で、何より驚いたのが後書き!!
    なんとこの作者は太田大八さん(この作品で絵をつけてます)の孫娘さんだそうです!!しかも、よく読むと、この作品は元々ハイスクールの時のワシントン州の歴史の宿題で書かれた話だそうで、なおビックリしました。

    邦訳はアメリカ先住民族のことに詳しい「ぬくみちほ」さんという方が書いています。実は最近彼女の「ナバホの大地へ」という作品を読んで、アメリカ先住民の人たちやその暮らしに興味が出たので、今回『カラスとよる』を探してきました。

    太田大八さんの絵が、神話のような物語の世界観をとてもいい形に描いてくださっているので、ラストまでグイグイ引っ張られるようにに読んでしまいました。
    “よる”と“カラス”の不思議な友情のような関係が素敵でした。

    短くわかりやすい言葉と太田大八さんの説得力のある絵が印象的な作品です。小学校の高学年くらいからお薦めします。
    昔話やアメリカの先住民族に興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

    投稿日:2013/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カラスとよる」のみんなの声を見る

「カラスとよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / さつまのおいも / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット