しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

カラスとよる」 ヒラP21さんの声

カラスとよる 作:ニコール・ヴェルヘル・デ・ディオス
絵:太田 大八
訳:ぬくみちほ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,170+税
発行日:1997
ISBN:9784577017067
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,825
みんなの声 総数 4
「カラスとよる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 夜の起源

    アメリカ先住民の伝説かと思ったら、創作であることに驚かされました。
    ミドルスクール2年生の宿題として、ティーンエイジャーの女性が書いたのが原作と知ってさらに驚きました。
    作者のニコールさんが、太田大八さんの孫娘と知ってもっと驚きました。
    太田大八さんの絵がおまけになってしまうような、孫娘の作品を包み込むような絵本です。
    夜の起源がカラスだったこと、よるという鳥がいたこと、水しぶきが星になったこと、とても素晴らしい発想のお話でした。

    投稿日:2017/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カラスとよる」のみんなの声を見る

「カラスとよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / さつまのおいも / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット