せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

おれ、よびだしになる」 なみ@えほんさんの声

おれ、よびだしになる 文:中川 ひろたか
絵:石川 えりこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2019年12月03日
ISBN:9784752009085
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,290
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 憧れを募らせて

     テレビで相撲を見ていて、注目し印象に残るのはやはり何といっても体の大きなお相撲さん。でも、そんなお相撲さんたちを支える、よびだしさんが大好きな男の子がいました。彼はよびだしさんへの憧れを募らせ、中学卒業後、よびだしさんになるために相撲部屋に入ります。

     弱冠十五歳で、強い気持ちをもって進む道を決めた男の子、彼の気持ちを尊重し見守る両親。日本の伝統文化はこういう人たちに支えられ伝えられていくのだなぁと、ちょっと胸が熱くなりました。

     よびだしさんの仕事や生活もよくわかり、とても興味深く素敵な絵本でした。

    投稿日:2020/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おれ、よびだしになる」のみんなの声を見る

「おれ、よびだしになる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット