もしものせかい」 ouchijikanさんの声

もしものせかい 著:ヨシタケシンスケ
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\900+税
発行日:2020年01月
ISBN:9784870141469
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,706
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 生きていれば「もしもあれがうまくいっていたら」「もしもあちらをえらんでいたら」「もしもあのひとがそばにいたら」…そんなふうに思ってしまう日は誰しもあるものですよね。

    ヨシタケシンスケさんの絵本なので子ども向けと思って手に取りましたが、この絵本は、挫折や悲しい別れ、つらい後悔を抱えている、またはその思いを胸に抱え続けて生きている、大人向けの絵本なのだと思います。

    もしものせかいがおおきくなるかわりに、いつものせかいはすごくちいさくなってしまう。でもそのうちまたふくらんでくる。それはとても納得できる表現でした。今を精一杯生きよう!と背中を押すのではなくて、その「もしも」を認めながら生きていていいんだよ、と優しく肯定してくれます。

    この先、娘たちが大きな壁にぶつかってしまう時が来たら、そっとこの絵本を渡したいと思いました。

    投稿日:2020/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もしものせかい」のみんなの声を見る

「もしものせかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット