新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

やまたのおろち」 レイラさんの声

やまたのおろち 作:舟崎 克彦
絵:赤羽 末吉
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\2,200
発行日:1995年
ISBN:9784251008237
評価スコア 4.85
評価ランキング 100
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • おろちの造形

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    日本の神話第三巻。
    『あまのいわと』での騒動をみかねて、スサノオは地上へ降り立つのです。
    辿り着いたのは出雲の国。
    そこで、老夫婦と娘から恐ろしい「おろち」の話を聞き、
    おろち退治をするのです。
    この「おろち」の造形には、絵を描いた赤羽末吉さんも文献を調べ、
    苦労されたようです。
    それだけに、迫力のある生々しい「おろち」像となっています。
    文章が無く、見開きいっぱいに描かれたページもあり、
    そこはやはり絵本の絵の醍醐味です。
    たっぷり絵を読んでほしいです。
    おろち退治後に語られる川の色、剣の出現など、
    鉄器の歴史と相まって、興味深いですね。
    そのあたりは、折込の解説もぜひあわせて熟読してほしいです。
    赤羽末吉さんは、羽仁進さんの文でも『やまたのおろち』を描いていますが、
    エピソードの着目どころが違うので、それぞれ、味わいがあります。

    投稿日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やまたのおろち」のみんなの声を見る

「やまたのおろち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット