新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

やまたのおろち」 りらまいりらさんの声

やまたのおろち 作:舟崎 克彦
絵:赤羽 末吉
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\2,200
発行日:1995年
ISBN:9784251008237
評価スコア 4.85
評価ランキング 100
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 神話っておもしろいんだね

    熱田神宮に参拝した際に、
    「ここには草薙の剣が祀られているんだよ」
    という話をしました。
    息子はよくわからずに、「へー」といったきり。

    はるか昔の神話の時代から続くものが、
    こんな近くにあるというのは、
    想像をはるかに超えたものなのでしょう。

    そもそも私も、「草薙の剣」がどんなもので、
    どうして熱田神宮に祀られているのか、
    子供に説明できるほど知りませんでした。

    確か、「ヤマタノオロチ」と関係のある剣で、
    「ヤマトタケルノミコト」が置いていったんじゃなかったかしら?

    というわけで、子供にもわかりすく、神話が読めるものは
    ないかと探して、見つけたのがこの絵本でした。

    絵がすこしおどろおどろしいので、
    怖がりの息子に大丈夫かなと心配しましたが、
    むしろ迫力があって、おもしろかったようです。

    神話というとちょっと堅苦しく感じるかもしれませんが、
    とくにこの「ヤマタノオロチ」は物語としても、
    わくわくと引き込まれるお話でした。

    これを機に神話に興味を持った息子は、
    この絵本を全シリーズ読むことになりました。

    投稿日:2013/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やまたのおろち」のみんなの声を見る

「やまたのおろち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット