まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロシアの昔話」 はなびやさんの声

ロシアの昔話 絵:タチヤーナ・A・マブリナ
訳・編:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\4,200+税
発行日:1989年
ISBN:9784834001020
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,913
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 毎日読んでとせがまれました

    低学年から中学年にかけての読み物に困っていた時に勧めていただいた本です。

    総ページ384もあり、とても分厚い本です。

    ロシアの昔話は絵本になっているものもたくさんあって日本でも馴染みのものが多いですね。

    「雪むすめ」「おおきなかぶ」などの有名どころはもちろん収録されています。

    読破するのに二週間以上かかりましたが、息子が毎日のように「ロシアの昔話読んで」と言ってきましたから、相当おもしろかったようです。

    とても読み応えがありました。

    昔話なので日本の昔話や他の国の昔話にも似た要素を見つけて楽しかったです。

    いのちの水、死の水、ハバヤガー、エレーナひめ、イワン、ペチカ、魔法、金などがこのロシアの昔話にはたくさん出てきました。

    そして割と長めのものが多いです。

    ロシアの長く厳しい冬、ペチカの周りで昔話を聞いて過ごしたのかななんて勝手に想像してしまいました。

    内田さんの訳も読みやすくてよかったです。

    自分で読める年齢であっても、この本は読み聞かせで聞いてほしいです。

    ストーリーテリングとしてもよさそうだと思いました。

    文庫も出ていますが、この本は家庭に一冊持っていてもいい本だと思います。私も一冊ほしいです。

    昔話の楽しさを堪能できますよ。

    投稿日:2010/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロシアの昔話」のみんなの声を見る

「ロシアの昔話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / くだもの / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / よるくま / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット