貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

エルマーと16ぴきのりゅう」 ムスカンさんの声

エルマーと16ぴきのりゅう 作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1965年09月
ISBN:9784834000498
評価スコア 4.76
評価ランキング 631
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く
  • エルマーの成長に、ジーン(;_;)

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。
    エルマーのぼうけんから始まって3冊目、
    これまでずっとエルマーと、そしてりゅうと一緒に旅をしてきた私たちにとって、
    この絵本で最後だと思うととっても寂しいものがありましたが、
    エルマーがこれまでの冒険を通してこんなにも成長していたことが
    とってもよく描かれている一冊でもあります。

    ちょうど娘の卒園の時期に読んだからか、
    エルマーの成長が娘の成長と重なり(大げさ?)
    ジーンときてしまいました。

    エルマーとりゅうの絆もとってもよく伝わってきます。
    そしてなんだかちょっと不思議なエルマーの両親(笑)。

    どっしりとしたエルマーの頼もしい姿に喜んでいただきたい一冊です。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「エルマーと16ぴきのりゅう」のみんなの声を見る

「エルマーと16ぴきのりゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / エルマーのぼうけん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット