新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

北国からの動物記(10) ヒグマ」 ヒラP21さんの声

北国からの動物記(10) ヒグマ 文・写真:竹田津 実
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2020年03月31日
ISBN:9784752009269
評価スコア 4
評価ランキング 30,146
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ヒグマの王国

    世界自然遺産に登録された知床の主は、人ではなくてヒグマたちでした。
    そのヒグマたちに遠慮しながら、写真撮影を認めてもらった竹田津実さんは、ヒグマ王国における彼らの実態を、臨場感たっぷりに写しとっています。
    所々に人間社会や、世界各国とのつながりを見ることも、とても有意義でした。

    投稿日:2020/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「北国からの動物記(10) ヒグマ」のみんなの声を見る

「北国からの動物記(10) ヒグマ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット