まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ビンキー はねをひろげて」 ymotkmさんの声

ビンキー はねをひろげて 作:シャーミラ・コリンズ
絵:カロリーナ・ラベイ
訳:なががわ あや
出版社:イマジネイション ・プラス
本体価格:\1,600+税
発行日:2020年05月27日
ISBN:9784909809209
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,954
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 世界にたった一人のあなた

    ちょうちょうのビンキーは、生まれたときから羽に支障がありました。隙間だらけの壊れやすい羽だったのです。
    それを引け目に思ったビンキーは、枯れ葉に隠れます。
    そこにカラスがやってきて……。

    自分は周りの人と(悪い意味で)違うという現実は、その人のコンプレックスになりやすいものです。
    そしてそれは、周りの反応で更なるコンプレックスになったりもします。
    ビンキーの場合、カラスたちの反応がそうでした。

    辛い思いをしながらも、ちょうちょうや他の虫たちのおかげで、ビンキーは、自分が世界にたった一人の大切な存在なのだと胸を張ることができました。

    みんな、何かしらのコンプレックスがあります。
    そのコンプレックスが、みんなを蝕みませんように。
    自分は世界にたった一人の大切な存在なのだ、と胸を張れますように。
    そんな願いが込められた絵本です。

    投稿日:2020/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ビンキー はねをひろげて」のみんなの声を見る

「ビンキー はねをひろげて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / キャベツくん / おやすみなさい おつきさま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット