季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

牧場のいのち」 しいら☆さんの声

牧場のいのち 作:立松 和平
絵:山中桃子
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2007年03月
ISBN:9784774312217
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,122
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 「命」「仕事」を考えさせられます

    立松和平氏の「命」シリーズ

    「まきば」の命

    「ぼくじょう」ではないんですね?
    何か意図があるのかな?

    身近に酪農をしている方がいらして
    経営も仕事も大変そうですが
    仕事の内容に関して話し出すと
    目をキラキラさせ
    楽しそうに、うれしそうに
    お話は、止まりません(^^ゞ

    この絵本を読んで
    最後の言葉

    「だからみんな、牧場での仕事に誇りを持っているのです」

    これはには、うんうん と、頷いてしまいました
    知人も誇りを持っているからなんですね

    子どもの生活の1部に
    牛に関した仕事をするのが当たり前のようです
    自分の仕事を意識し
    体に沁みているんですね
    すごいことです

    大変そうだけど
    真面目な場面だけでなく
    「干し草マン」やふきの葉のお面作り・・・と
    自然のものを使って遊ぶ場面
    牛以外の動物との場面
    友達との関係
    みんな素敵です

    マライヤという牝牛の出産場面も
    臨場感あります
    一緒に拍手してしまいます

    でも、私的には
    5年居た牛が去っていく場面には
    も〜だめですね
    小学6年生のみるくちゃん同様
    涙が流れて仕方ありませんでした

    絵本ですが、内容的にはものすごい充実感があります
    最後のページは、壮大さを感じます
    「命」を考えるテーマで
    小学中高年にぴったりではないでしょうか

    投稿日:2014/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「牧場のいのち」のみんなの声を見る

「牧場のいのち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット