おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

まほうのスープ」 はなびやさんの声

まほうのスープ 作:ミヒャエル・エンデ
絵:ティーノ
訳:ささき たづこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1991年
ISBN:9784001155167
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,560
みんなの声 総数 5
「まほうのスープ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 知恵の使いどころ

    スープのお話ということで、興味があったのですが、作者はエンデでした。

    昔、高い山の右と左に王国がありました。

    右の王国にも左の王国にも同じ頃に、子どもが生まれたのですが、どちらも13番目に当たる悪い魔女をパーティに呼びませんでした。

    いばら姫を髣髴とさせるお話ですが、
    魔女がそれぞれの国に贈った物は、スープ鉢とスプーンでした。

    スープ鉢とスプーンが一対になって初めて魔法の威力が示されるのですが、単体では何の意味もないという代物でした。

    結構長いお話で、二日にわけて息子に読んだのですが、内容が少し難しかったようで、二日とも、読んでいる間に息子は寝てしまいました。

    お宝をお宝として機能させるために、それぞれの王国では策を弄するのですが、その策には、隣の国同士仲良くしようという思いはないので、行き違うのが、読んでいて滑稽でした。

    戦争や策略の無意味さを感じますし、知恵の使いどころという点も考えさせられます。

    読むなら、小学校中学年ぐらいからでしょうか?

    息子にはまた別の機会に読んでもらいたいと思いました。
    昔話風のお話ですが、ポップでユニークな絵が印象的です。

    投稿日:2008/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まほうのスープ」のみんなの声を見る

「まほうのスープ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / くだもの / どろんこハリー / おしいれのぼうけん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • カブトくん
    カブトくんの試し読みができます!
    カブトくん
    作・絵:タダ サトシ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    今年でなんと成人式!愛されて20年の昆虫愛ロングセラー


せなけいこさん50周年記念連載 第2回 本多慶子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット