話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

アンナの赤いオーバー」 アダム&デヴさんの声

アンナの赤いオーバー 作:ハリエット・ジィーフェルト
絵:アニタ・ローベル
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1990年12月
ISBN:9784566002883
評価スコア 4.77
評価ランキング 661
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く
  • “赤”が本当に素敵です

     表紙絵のオーバーの赤い色に惹かれました。
     戦後の物資不足の中、母が手元に残しておいた家財を、娘アンナのオーバーにかえていくお話。
     羊毛から糸紡ぎ、織布、仕立てと時間をかけ、ゆっくりとアンナと共に仕上がりまでを楽しみました。
     『ペレのあたらしいふく』を想起しましたが、ペレは自らの労働を代償に一着を手に入れました。
     アンナは、母の大切にしていたもので、一着を作ってもらいます。
     アンナがオーバーの完成まで、常に母とその様子を見ているところが、その待ち遠しさを伝えてくれます。
     なんといっても、“赤”が本当に素敵です。
     糸の染色のため、親子でコケモモ摘みをしているページが好きです。
     アンナの手も経てできあがった素晴らしいオーバーに、こちらも「よかった。」と声が出ます。
     最後のクリスマスパーティーが、またこのお話を温かいものにしています。
     実話ということで、母の知恵と工夫、そして子をおもう深い愛情に感動です。
     見返し(前も後ろ)も可愛らしいんです。

    投稿日:2009/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アンナの赤いオーバー」のみんなの声を見る

「アンナの赤いオーバー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ ロシアの昔話 / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット