新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ

大きい1年生と小さな2年生」 はなびやさんの声

大きい1年生と小さな2年生 作:古田 足日
絵:中山 正美
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1970年03月
ISBN:9784035110101
評価スコア 4.86
評価ランキング 72
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く
  • 家出の中の冒険

    息子が一年生になってから「一年生」タイトルにあるものは、読むことにしています。この本も前から気になっていました。

    息子に読んでみたら、意外に分量が多く、児童書を読みなれてきたといっても一日で一気に読むのは難しく4日ほどかかりました。

    二年生としては小さいあきよと、一年生としては大きいまさやとの出会いの場面から始まります。

    あきよは小さくても気が強く、まさやは大きくても気弱と全く対照的な二人ですが、お互いに気になる存在です。

    まさやが、一人で家出をしたところでは、ドキドキとしましたが、息子にとって一番おもしろかったのは、この家出の中の冒険場面ではなかったかと思います。

    まさやが持って出たお金は35円。1970年発行なので、当時はそのぐらいのお金を子どもは持っていたのでしょうか?

    私が小学生になる前の発行ですが、この本を私は読まずに通り過ぎたので、出てくる背景には懐かしさを感じました。

    166ページありますので、子どもの気持ちや情景描写は非常に丁寧で細やかです。

    まさやだけが成長していくのではなく、まさやの面倒を見ていたあきよの成長も感じられました。

    あきよが勝気であるのは、小さいことでバカにされないように虚勢をはっていたのかもしれないとも思えます。

    子どもにとっては、とても身近なお話であり、息子は毎日楽しみに話を聞いていました。自分でも読めるばすなのですが、なぜ自分で読まないかというと、長すぎるからということでした。

    投稿日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「大きい1年生と小さな2年生」のみんなの声を見る

「大きい1年生と小さな2年生」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / うずらちゃんのかくれんぼ / じごくのそうべえ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット