新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

リサのいもうと」 すずらんぷさんの声

リサのいもうと 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2001年11月
ISBN:9784893092342
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,497
みんなの声 総数 40
「リサのいもうと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • いいおねえちゃんだよ!

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子10歳、女の子8歳

    リサとガスパールのシリーズは、もちろん知っていたのですが、読んだのはこの本が初めてです。私の勝手な思い込みで、何となくキャラクター重視の絵本のような気がして‥
    気になりつつも読むのが後回しになっていました。
    でも、家族をテーマにした絵本を探していて、軽い気持ちで読んでみたところ‥驚きました。お話もものすごくいいのです。
    今まで自分が家族のアイドルだったのに、みんなは赤ちゃんのことばかり。生まれても絶対一緒に遊んでやらないと思っていたリサの気持ちが、「自分とよく似ている」ことで、少しづつ変化していきます。
    そしていつのまにか、ベビーカーを押してあげたり、学校に連れて行って、「世界で一番かわいい妹」をみんなに見せてあげよう、なんて思うようになるのです。
    その変化の過程がすごく自然で、下の娘が生まれたときの上の娘の様子を思い出しました。

    石津ちひろさんの訳が、おしゃまでちょっと生意気なリサの気持ちをすごくよく表現されています。
    このシリーズの別の本も、これからどんどん読んでいきたいと思います☆

    投稿日:2006/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「リサのいもうと」のみんなの声を見る

「リサのいもうと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット