氷上カーニバル」 レイラさんの声

氷上カーニバル 作・絵:あべ 弘士
出版社:のら書店
税込価格:\1,760
発行日:2020年11月10日
ISBN:9784905015550
評価スコア 4
評価ランキング 26,518
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 札幌市の子どもたちの記憶

    あべ弘士さんが描く氷の世界ということで手に取りました。
    札幌市の中島公園で、大正時代から昭和にかけて実際に行われていた氷上カーニバルについて、
    神沢利子さんなどの子ども時代の思い出などを取材して創作された作品だそう。
    ある意味、史料価値がありますね。
    氷上カーニバルの様子を、少女の視点で語ります。
    いきなり、たぬきのともだちがいるということにびっくりですが、
    いいアクセントになっています。
    スケート靴を履いた仮装の人々、大掛かりな花火。
    大きなクマの登場は大迫力ですが、カーニバルらしい展開にほっこりです。
    あの時代に、こんな世界があったとは驚きです。
    だからこそ、あべ弘士さんも、作品に残したかったのでしょうね。
    絵筆の筆致も、どことなく楽しそうです。
    小学生くらいから、夢のような世界、一緒に楽しんでほしいです。

    投稿日:2021/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「氷上カーニバル」のみんなの声を見る

「氷上カーニバル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット